author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

スポンサーリンク
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

菅前首相による「料金引き下げ」後の通信行政が抱える課題と今後の展望(佐野正弘)

エンガジェット日本語版が間もなく終了するとのことで、本連載も今回で最後を迎えることとなりました。約3年間にわたって連載を継続できたのも、読者の方々の支持と、エンガジェット日本語版スタッフの協力があったからこそです。改めて感謝を申し上げたいと...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

シンプルさを追求してきた「ahamo」が「大盛り」を追加するに至った背景(佐野正弘)

2020年12月の発表直後より大きな反響を呼んだ、NTTドコモの料金プラン「ahamo」。若い世代をターゲットとした契約もサポートもオンラインでこなす料金プランで、20GBの通信量と5分間の無料通話などがセットになって、複雑な割引もなく月額...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

スマホの「対応バンド」問題、総務省は強硬措置を取れるのか(佐野正弘)

去る2022年3月14日、総務省の有識者会議「競争ルールの検証に関するWG」の第26回会合が実施されました。事業者間の公正競争促進に向け実施されているこの会議、2019年の電気通信事業法改正と菅義偉前首相の影響などによって携帯電話業界のルー...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

新製品がパソコンだらけ、ファーウェイはパソコンメーカーに転身するのか(佐野正弘)

米国からの制裁によって、スマートフォンの開発が思うようにできなくなってしまったファーウェイ・テクノロジーズ。それでも同社は調達できるパーツを可能な限り使ってスマートフォン開発を継続しており、中国などでは縦折り型の折り畳みスマートフォン「HU...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

シャオミが日本で本格攻勢、ストア展開や日本独自スマホの可能性も(佐野正弘)

中国のシャオミが2019年末に日本のスマートフォン市場への参入を表明してから、2年と少しが経ちました。...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

突如新経営陣への移行を発表した楽天モバイル、その狙いは(佐野正弘)

先日、4Gの人口カバー率96%を達成したと発表した楽天モバイル。その楽天モバイルが2022年2月25日、2022年3月30日に経営陣を刷新する予定であることを発表しました。...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

料金値下げがようやく一段落。加速する携帯大手3社の5Gエリア整備競争(佐野正弘)

KDDIに続いてソフトバンク、そしてNTTドコモと携帯大手3社の第3四半期決算が発表されました。その内容を見ますと各社ともおおむね政府の携帯料金引き下げ要請の影響を非常に強く受けて大幅に利益を落としており、楽天モバイルからのローミング収入と...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

楽天モバイル、目標の「人口カバー率96%」をついに達成、次なる課題は(佐野正弘)

かねてエリアカバーが課題とされてきた新興の携帯電話会社である楽天モバイル。その楽天モバイルが2022年2月4日に、4Gの人口カバー率96%を達成したことを発表しています。...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

マイクロソフトの2画面スマホ Surface Duo 2、改めてその魅力と課題に迫る(佐野正弘)

2022年1月11日より日本でも販売を開始した、マイクロソフトのAndroidスマートフォン「Surface Duo 2」。「Windows」を手掛けるマイクロソフトから提供されるAndroidデバイスであることに加え、2画面を搭載するとい...
author_name|佐野正弘(Masahiro Sano)

総務省が関心を持ち始めた「修理できる権利」、法制化に向け議論は進むか(佐野正弘)

総務省は2022年1月20日、「競争ルールの検証に関するWG」の第25回会合を実施しました。この会合はいわゆる「2年縛り」やSIMロックなどの乗り換え障壁をなくし、事業者間の公正競争を促進するために実施されているものです。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました