視覚障がいを持つ生徒にも化学の楽しさを味わってほしい。食べられる分子モデル、開発中です

視覚障がいを持つ生徒にも化学の楽しさを味わってほしい。食べられる分子モデル、開発中です
アメリカのベイラー大学で、生物科学を効率よく学ぶための「食べられる分子モデル」が開発されました。口に含むことで分子モデルを学べるということで、視覚障がいを持つ生徒の化学学習にも有効なんだとか。…

このサイトの記事を見る

コメント

https://www.gizmodo.jp/2021/06/scientists-have-created-bite-size-edible-models-to-hel.html
タイトルとURLをコピーしました